自然の力を利用し、住まいやすさを獲得。

パッシブ(受動的)ハウスとは、光、風、緑といった自然の力を効率よく利用して快適さを得る住まい。
たとえば、庇の長さや構造、窓の位置を工夫し、季節ごとに光や風の量を調整する。
蓄熱できる素材を使用し、昼夜で熱を交換し合う。落葉樹を植え、夏は日陰をつくり冬は光を採り入れる…。
こうしたナチュラルで細やかな工夫を施し、一年を通しての住みやすさを実現します。

ハイブリッドハウス(ゼロエネハウス)

パッシブハウスに太陽光発電などの設備を組み合わせるハイブリッドハウスの提案も行っています。自然エネルギー+高性能設備で、さらに心地良くさらに省エネでランニングコストを抑えることができます。
ユーグでは、省エネ、創エネ性能を高めることで、エネルギーを自給自足できるゼロエネハウスの提案も行っています。